リョウシンJV錠の配合成分を徹底解説!

CMを目にするリョウシンJV錠を徹底解説

リョウシンJV錠は、富山の製薬会社が製造販売する関節痛や神経痛などの痛みの緩和に有効な医薬品です。その配合成分は痛みの緩和・栄養補給・血流促進の三つの効果に分かれた成分を配合しています。

まず痛みの緩和については、シアノコバラミン・ピリドキシン塩酸塩・ガンマーオリザノールが配合され、栄養補給ではフルスルチアミン塩酸塩・パントテン酸カルシウムが配合されています。最後に血流の促進については、トコフェロールコハク酸エステルカルシウムとなり、これらの三つの効果を一粒に凝縮させ、男女の更年期の症状に効果をもたらします。

 

リョウシンJV錠は第三類医薬品に分類

リョウシンJV錠の魅力は、医薬品の分類の中でも比較的に安全・健康上のリスクが少ない第三類医薬品に分類されている点です。痛みの緩和・栄養補給・血流促進の三つの効果に分かれた成分が配合されていますが、それぞれが第三類医薬品での許容範囲に応じた範囲内での配合量を実現しています。

従ってその効果を最大限引き出すことができる医薬品となり、サプリメントと違いますが、サプリメントに近い感覚で服用することも出来る点が優れています。実際に神経痛や関節痛、疲労回復、眼精疲労などにも有効で、そういった症状を抱えていた方に好評である医薬品です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です